こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「これまた」「こりゃまた」

•これまた意外だ。
•こりゃまた美味しい。

これらのように「これは」+「また」の組み合わせでよく使われる語法について質問です。
単品では
「これは参った 」
「また、なんてキレイだ」
のようにそれぞれ驚きを表しますが、
組み合わせて使うことによってどのような意味になるのか教えて下さい!

投稿日時 - 2018-03-14 03:17:51

QNo.9477749

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

単なる強調の例:
http://www.youtube.com/watch?v=omaWAZ7cY_U

投稿日時 - 2018-03-14 13:55:45

お礼

回答ありがうございます。

投稿日時 - 2018-04-01 07:50:13

ANo.3

国語辞書
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/208254/meaning/m0u/%E3%81%BE%E3%81%9F/
を引けばわかりますが,「また」は副詞です。
ーーーーーーーーーーーーー引用
5 驚きや疑問の気持ちを表す。まったく。それにしても。「―えらい失敗をしたものだ」「―なんときれいな花だ」
ーーーーーーーーーーーーーー

副詞は,あってもなくても文は成立します。つまり
「これは意外だ」でも意味がとおる文になる。
「これはまた意外だ」にすると,内容が詳しくなるというだけです。

「組み合わせて使う」,すなわち,「また」に接頭語や接尾語のような働きがあるのではありません。おなじ副詞である「かなり」や「だんだん」もそうです。

投稿日時 - 2018-03-14 07:27:08

お礼

ご回答ありがとうございます。
助かります。

投稿日時 - 2018-04-01 07:57:54

ANo.2

 #1です。間違いの訂正です。

>>1。これは
 手近にあるもの、新しく導入された話題、いま言ったこと、を指します。

2。また
 以前にもあったこと、を普通さしますが、単に「驚き」を指すこともあります。

3。この二つの要素があれば、色々な場合に使えます。

 これはまた、くだらない。
 これはまた素晴らしいご本ですね。
 これはまた驚きました。
 「こりゃ」は、「これは」の俗っぽい言い換えです。

 また「これはまた」だけで、その時に応じた意味にも使えます。分脈が読めず、機械翻訳が間違う時です。

投稿日時 - 2018-03-14 04:51:25

お礼

皆様のご回答に
とても助かっております。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-04-01 07:57:15

ANo.1

1。これは
 手近にあるもの、新ん導入された話題、いま言ったこと、を指します。

2。また
 以前にもあったこと、を普通さしましが、単に「驚き」を指すこともあります。

3。この二つの要素があれば、色々な場合に使えます。

 これはまた、くだらない。
 これはまた素晴らしいご本ですね。
 これはまた驚きました。
 「こりゃ」は、「これは」の俗っぽい言い換えです。また「これはまた」だけで、その時に応じた意味にも使えます。分脈が読めず、機械翻訳が間違う時です。

投稿日時 - 2018-03-14 03:47:31

あなたにオススメの質問